”毎日お得な掘り出し品 ” 作家物 特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり 霞取彩花辻ヶ花紋 卓越 上品な刺繍の色艶身丈157 中古品≫ 裄67 17582円 ”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157 裄67 レディースファッション 和服 着物 17582円 ”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157 裄67 レディースファッション 和服 着物 ”毎日お得な掘り出し品 ” 作家物 特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり 霞取彩花辻ヶ花紋 卓越 上品な刺繍の色艶身丈157 中古品≫ 裄67 ”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157,裄67,17582円,レディースファッション , 和服 , 着物,/bodyguard2499059.html,koutuujiko-bengoshi.com ”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157,裄67,17582円,レディースファッション , 和服 , 着物,/bodyguard2499059.html,koutuujiko-bengoshi.com

”毎日お得な掘り出し品 ” 作家物 特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり 霞取彩花辻ヶ花紋 卓越 上品な刺繍の色艶身丈157 中古品≫ 裄67 大好評です

”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157 裄67

17582円

”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157 裄67



◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン パーティー、お付添い、芸術鑑賞、観劇 など

◆あわせる帯 袋帯、綴れの名古屋帯 など
表裏:絹100% 縫製:手縫い
背より身丈157cm(適応身長152cm~162cm) (4尺 1寸 4分)
裄丈67cm (1尺 7寸 7分) 袖巾34cm (9寸 0分)
袖丈48.2cm (1尺 2寸 7分)
前巾24.5cm (6寸 5分) 後巾29cm (7寸 7分)
============================
【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 裄丈67.5cm (1尺 7寸 8分) 袖巾34.5cm (9寸 1分)
※目視での縫込みの確認による概算となります。
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
============================

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりました。
ところどころ薄シミ、後ろ身頃裾付近などの
刺繍箇所に糸うきがございます。
(※画像の黄色矢印の幅は1cmです。)
お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ。


独特の存在感と緻密な創作力。

染によるお柄に、汕頭(スワトウ)刺繍などの
刺繍技術を重ねて表現した特選訪問着のご紹介です。

一からお誂えいただきますとお仕立て代もかさみますので、
こういった中古、新古品は掘り出し、珍しいデザインや
ほしかったブランドのお着物がオネウチに
手に入るチャンスかと存じ上げます。

お目に留まりましたら是非ご検討くださいませ。

スワトウ刺繍は中国広東省南の町―汕頭(SHAN TOU)で生まれた刺繍技法。
「オープン・ワーク(切り抜き刺繍)」の一種で、糸を引き抜いたり、
布地を切り抜いたりして、デザインの一部を透かした刺繍です。

清の時代にイタリアやベルギーから渡来した宣教師たちが
ヨーロッパの刺繍技術を伝え、それが中国の古来刺繍技術に取り入れられ、
今のスワトウ刺繍に発展してきたと言われています。

高貴で優美、そして驚くほどその刺繍の細かさで世界的に有名です。

さらりとした質感の、おだやかなシボの縮緬地。

落ち着いたベージュ地をベースに、ごくごく淡い
錆青磁色の流水暈しを染め上げ、その暈しに重ねるように
春秋の花をアレンジした辻ヶ花や丸紋などがボリュームある
刺繍にて表現されております。

贅沢かつ個性豊かな洒落訪問着。
彩りは抑えめながら、刺繍糸のやわらかな艶めきが
上品な華やぎをそえております。

ご年齢問わず、流行り廃りなく。
お手持ちの帯とのコーディネートで、
スマートな装いをお楽しみくださいませ。

お手元でご愛用いただけましたら幸いでございます。
※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[文責:牧野 佑香]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

”毎日お得な掘り出し品!”【作家物】特選総刺繍訪問着≪御仕立て上がり・中古品≫「霞取彩花辻ヶ花紋」上品な刺繍の色艶身丈157 裄67

    ドラマ「善徳女王」のファンブログです

    徐羅伐コレクション チョンミョン公主編 その1
    平昌オリンピック始まりましたが開会式ご覧になられましたか?
    映像を駆使したオープニングでしたが、金冠やチョムソンデのシルエットが出てきて、思わず反応w
    そしてオリンピックの歌を歌ったソプラノ歌手の方!衣装好きにはたまりません!
    伝統的な衣装をモチーフにしたと解説されてましたが、色味はゴールド寄りで、デザインも朝鮮よりももっと古く高麗や新羅風で素敵でしたし、なんといっても新羅風の金のひっかけるタイプの耳飾りをしていましたね。なんともたまらんお衣装でした。そして美しかった~
    競技も楽しみですけど、閉会式にも期待しちゃいます。

    で、本題です。本日2月14日はトンマン・チョンミョン姉妹のお誕生日ですね。
    今年はチョンミョンコレクションで美人姉妹のお祝いをしたいと思います!(ミシルのリクエストも受けていたんですが、先にチョンミョンをすみません!)
    といっても、トンマンのときのようにじっくりねっとりは出来ないので、ファッションアルバム的にさらっとお楽しみください!

    ●カタログ№1


    ミシルに脅されビビらされている、かわいそうな幼チョンミョン。ピンクの衣装に、髪にお花の飾りとかわいらしくまとまっています。

    ●カタログ№2


    成長した(第二段階)のチョンミョンが、ドラマ進行上最初に着ていたのがこの寝着です。(回想シーンがあるので、実際の着用順は前後します)
    さすが公主、王のひとり娘(と思われていた)、白に金糸の刺繍で豪華です。

    ●カタログ№3
    生産日本社 ポリ袋 セイニチ 「ラミジップ」 アルミカラースタンドタイプ 黒 200×140+41 (50枚入) (1袋) 品番:AL-1420BK

    成長してもやはり基本はラブリーなピンクですが、幼チョンミョンの時と違い、ちょっと渋めの緑色をさし色にしています。まだ若いとはいえ、人妻であることも考慮されているのでしょうか。

    ●カタログ№4


    喪服ですね。シンプルなデザインです。若チョンミョンは短い出番の間にめまぐるしくいろいろな衣装に着替えていますが、喪服姿は悲しすぎます。

    ●カタログ№5


    尼姿。髪の毛ももちろんシンプルにまとめていますが、首からの数珠がアクセントになっていますね。いや、アクセサリーなわけではないですけど(笑)

    ●カタログ№6


    行方不明になってマンノ郡で発見されたあと、尼姿から着替えた衣装です。王宮から持ってきたとは思えないので、ユシンの母マンミョン夫人が用意したものでしょうか?

    ●カタログ№7


    王宮に帰ってきて、花郎の主に復帰したときの衣装です。さわやかなレモンイエローな色彩が、ミシルに立ち向かうための、新しい決意が表れたかのような、そんな希望に溢れた色に見えます。
    スポンサーサイト




    戌年なので…

    ココ掘れわんわん


    なんだこれ?


    !!!


    そんな驚くほどの内容でもなく、いたって普通の年始の挨拶でしたw

    善徳的にみる流行語大賞2017
    大変ご無沙汰いたしております。全然更新していないクセに、このネタだけははずせませんでした!
    今年もこの季節がやってまいりました、『新語・流行語大賞2017』。
    今年の大賞は「インスタ映え」と「忖度」!
    なんですが、個人的に「インスタ映え」って言葉が好きではなくてですね、、、たとえば景色で言うと、そこに素敵な眺めがあったから写真にも残したい、誰かとその感動を共有したいからインスタにもアップしたいというのが私の感覚なんですが、「インスタ映え」するからというのが先に来るのはなんか本末転倒な気がして好きではないのです。
    と、このお遊び企画に大賞ではあるものの「インスタ映え」という言葉を採用しなかった理由に個人的感想を述べたただけで、使っている方を批判しているわけではないので、炎上しませんよーに(笑)

    さて、改めまして今年の大賞です!
    「忖度」

    妹トンマンの心を推し量って、思いを寄せるユシンとともに国と出ろというチョンミョン。
    姉チョンミョンの心を推し量って、ユシンをチョンミョンの元に返すというトンマン。
    互いに忖度する、美しき姉妹の愛を感じます。

    以下トップ10より。
    「35億」

    ト    「郎徒トンマンと」
    ユ・ピ 「with K!」 注・ユシンもピダムもキム氏です。

    見たまんま、ひねりも何もありません(笑)

    「○○ファースト」

    新羅ファースト、陛下ファースト、トンマンファースト。。。
    この即位式にはそれぞれいろいろな思いが錯綜していたのでしょうね。

    「睡眠負債」

    「睡眠負債」とは、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼす おそれのある状態のこと。
    少しは休めとピダムやユシンに小言を言われながらも、寝る間も惜しみ理想の国づくりのために奔走していたトンマン。
    心の臓の病での早すぎる死は、この睡眠負債もひとつの要因になったのかもしれません。

    とこんな感じになりました今年の新語・流行語でしたが、すみません、ちょっと面白みが少なかったですね。ノミネートされたものも含めて、いまいちピンと来るものが少なかったというか。「ひふみん」なんて確かによく聞きましたけど、ひふみんって人の名前ー!ニックネームー!新語でも流行語でもないような気がしますがw ちなみにひふみんをみると、コドちゃんを思い出します。なんででしょね。あの和みの笑顔が似ているのかな?(笑)
    とにもかくにも、今年もあとわずか。来年はどんな言葉が流行るのか楽しみです。

    そして当ブログ、先月ひっそりと6周年を迎えており、7年目に突入いたしました。全盛期に比べて全然更新をしていない状態の中、変わらず足を運んでくださっている皆様、遅ればせながらいつもありがとうございます。
    これからも変わらぬ善徳愛、トンピ愛、ヨウォンさん愛、そしてナムさん愛をもって、ひっそりひっそり続けてまいりたいと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします!

    mukuge(むくげ)

    徐羅伐コレクション 番外編 薔薇服ピダム
    7月7日生まれのピダムの誕生日お祝い企画、なんとか月内にアップできて良かったです。(ギリギリ滑り込みですけどもw)
    書くにあたって一応登場回を全部見返したりしているので、なにかと時間がかかってしまうんですよね^^;
    今回は題名をなんとするか悩みまして、見たまま薔薇服と書きましたが、これです。

    模様が薔薇っぽいよね~と皆さんとお話していたのでそのまま採用しましたw
    ボロ服で登場したピダムですが、比才に勝手に出た時には、この薔薇服を着て現れました。国仙ムンノの弟子と皆に知られてからはムンノの体面的にもさすがにボロ服というわけにはいかなかったでしょうから、それ以降は花郎服を着ていないときのピダムの標準服となっています。

    ●全身

    基本は黒の上下に、薔薇柄や紫無地の布をはぎあわせた長い衣を上に羽織っています。それにシチュエーションによってオプションを加える形になっています。
    この時は革の肩当てにベルト、同じデザインの革のこてを巻いています。
    CINQUANTA ハンドバッグ CINQUANTA ハンドバッグ チンクアンタ 8153 牛革 カウレザー シボ革 シュリンクレザー バイカラー 【中古】
    また、ミシルの乱の時、トンマンの救出の際には、このように後ろで剣をぶらさげていたりします。


    比才の時には、その上に黒い布を身に着けていて、さらに袖口も戦いに邪魔にならないように、黒い紐でしばるなど、動きやすい仕様にしています。

    ●靴

    黒の革のショートブーツ。裏にはちゃんと滑り止めの溝が彫ってあります。なかなか現代的(笑)

    ●髪型
    この衣装の時には、シチュエーションにあわせてさまざまな髪型をしています。


    基本のポニーテール。茶の皮ひもで無造作にくくっています。サイドにこなれ感もありますね(笑)


    比才のときには、お団子風に結ってきました。ボロ服で登場したときも同じような感じでしたが、それよりももっと髪を撫で付けてピシっときめています。


    三つ編みピダムは、ムンノに変装して花郎たちを鼓舞する時にしてましたね。すその白いリボンがポイントです。

    ●この衣装の名場面

    49話 今度ひとりで行かれたらもう助けにきませんよ

    ●この衣装の登場話
    27~29話、33話~38話、40話~49話

    ●その他
    この薔薇服ですが、バージョン違いもあります。

    日食のくだりでエセ予言師ピダムが着ていた服は、同じ薔薇の布を使っていますが、よりパッチワーク風になっています。
    こちらのバージョンはその後、主にムンノと一緒にいるときに着ていまして、

    師匠ムンノと戦ったときも、この服を着ていました。
    日食のときに使ったのは、もともとボロ服を着ていたピダムの私物の一張羅だったのか、それともエセ予言師に化けるときにトンマンが与えたものなのかわかりませんが、後者のほうが可能性は高いでしょうかね?
    わーいトンマンに服もらっちゃった、ボロ服よりもこっちのほうがいいし、こっち着ちゃおう~だったらかわいいですね、ピダム(笑)
    そして比才の時から登場したバージョンも同じブティック、またはデザイナーのものなんでしょうか。比才に出たのも突然ですし、前もって作っていたとは思えず、そう考えるとオーダーメイドではなく既製品なんでしょうかね。
    ...どうでもよいことなんでしょうが、このどうでもよさそうなことを考えるのが楽しかったりします(笑)

    関連記事

    七夕生まれのピダムへ
    7月7日七夕は、はピダムのお誕生日ですね!
    HAPPY BIRTHDAY ピダム!

    って、言葉だけで済ませる気かよ。
    俺のトンマンの誕生日とは扱いがかなり違うじゃねぇか。

    あ、拗ねたw

    や、あの~…
    当日には間に合わなかったんですが、ちゃんとお祝いは考えてますよー
    しばし、しばちお待ちくだされ。

    Copyright © こうもりのサンガラクチ. all rights reserved.